カラーチェッカーを買ったが人間用だった

先日アリエクスプレスで24色のカラーチェッカーが2000円ほどであったのを発見。
以前使っていたマクベス製に比べたら値段は5分の1でびっくりしました。

カラーチャートがあれば厳密に色を追い込むのも良いし、
一番下の列だけ使って簡単に済ますも良し。
いざというときに役立つツールです。

中華製だと信頼性が不安、でも2000円程度なら失敗しても痛くないので
思わず注文してしまいましたが、あまりにも安かったのでてっきり
ポケットに入る小さなサイズと思い込んでいました。
P2190003-1378.jpg


届いてみたら人間の女性が両手で持つサイズでした。
こんなに大きいと気軽に持ち運びはできません。
まぁ、「大は小を兼ねる」と言うように、小さい物よりは色の信頼性はアップするし、
家なら何とか使えるのでこれから試しに使ってみたいです。
今のところ一番下の列でホワイトバランスの調整くらいしかやっていませんが、
そこそこ信頼はできそうです。


ニコン用にレキサーメディアのSDカードを買った

自分は今までトランセンド製のSDカードを愛用していました。
永久保証があってMLCなのに安いので当然です。

しかしトランセンドとニコンの相性は最悪で、D800Eに挿すとエラーが多発します。
大抵は挿し直せばエラーは収まるので今まで我慢してきましたが、
他のメーカーも充分に安くなってきたので公式に動作確認されているレキサーメディアの32GBを購入。
アマゾンで購入なら国内正規品・無期限保証なのでトランセンド並みに安心です。



今まで使っていたトランセンドは他のカメラに回して、
これからは安定した撮影を目指したいです。


オリンパス OM-D E-M1/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROなどを購入

歳を重ねてきたせいか、最近は腰の具合がちょっと怪しかったのですが、
この週末についに爆発して腰痛で立てなくなってしまいました。
ここまで腰が悪くなると、重いカメラなんて怖くてとても外へ持ち出せません。

今まで何度もm3/4を充実させようと思っては止めていましたが、
これがきっかけになってついに新しいボディとレンズの購入に踏み切りました。

まずはE-M1と12-40mm F2.8 PRO



同じF2.8通しズームを付けて比較

α7Ⅱ+マウントアダプタ+A09はフルサイズとしては小さいですが、やっぱり大きい。
5軸手振れ補正は4.5段、しかし暗いところでの位相差AFが弱いのが弱点です。

APS-CのK-r+A16も似たような大きさ。
K-rは今では貴重な単3電池駆動なので、緊急時のためにどうしても手放せませんでしたが、
AFもダイナミックレンジも手振れ補正も頼りないです。

E-M1+12-40mm F2.8 PROは一回り小さい。
5軸手振れ補正は公称4段。しかし体感的にはオリンパスの5軸手ぶれ補正はソニーより止まる印象があります。
自分は絞りをそれなりに絞る方なので、ボケにくいm3/4は不利にはなりません。
P2120001-1374.jpg

そして今まで使っていたE-M5用にはM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZを購入。
レンズが軽くなってグリップ無しでもなんとかなりそうだったので、今までつけていたグリップは外しました。



E-M1と12-40mm F2.8 PROよりもさらに軽く小さくなって、気軽に持ち出せる大きさ。
これでしばらく運用してみたいです。


現像の効率化 LightroomをMIDIコントローラーで直感的にコントロールする

先日アマゾンでNANO KONTROL2を購入しました。
DSC00296-1348-1349.jpg

MIDI2LRというコントロールソフトを使うとMIDIコントローラーがLightroom対応になって、
あらゆるパラメータがスライダで直感的に調整できます。
WS000052C.jpg
WS000052.jpg
DSC00297-1350.jpg

英語だし、日本語の解説サイトはないし、あまりにも調整できるパラメータが
多すぎて訳が分からないのでとりあえずベーシックなパラメータを選択
WS000053.jpg

この8項目を調節できるようにしましたが、これがなかなか面白い。
もっとチャンネルの多いコントローラーを買えば割り当てられる項目は増えるし、
慣れれば凄いことをできそうな可能性を感じました。
興味がある人はまず安いコントローラーで試してみた方がいいと思います。
WS000052A.jpg


ちなみにモニターに映っていた写真



追記
詳しい使い方を説明されているサイトがありました
Lightroomをツマミやスライダーで操作する「nanoKONTROLxMIDI2LR」

ドール撮影用に新しいソフトボックスを買った

自分は気分によってスピードライトを使う場合も、蛍光灯を使う場合もありますが、
大昔に買った蛍光灯用のソフトボックスがそろそろダメになってきました。
DSC00279-1342.jpg

中が銀だと劣化が遅いと聞きますが、コードの被膜がはがれると危ないし
DSC00280-1347.jpg

骨組みがソフトボックスを突き抜けるとなるとさすがにアウトです。
DSC00281-1344.jpg

そこでまたアリエクスプレスを検索して、30ドル弱で新しいのを買ってみました。
今まで使っていたのはあんなひ弱な作りで1万近くもしていましたが、
今度は中国から直接買ったので安い。
(もっと安いところもありましたが、アリエクスプレスで評価数が少ないのは
とても危険なのであえてこれを購入)
60cm/24inch Octagon Soft box umbrella softbox continuous light lighting soft box
DSC00283-1345.jpg

中華製だとたまに商品説明と実物が違うスペック詐欺に遭いますが、
これはきちんと1/3ドールと同じくらいの直径はあるし、これなら今までと変わりなく使えそうです。

CM-ENF-E1 マウントアダプタのファームアップ

α7Ⅱ用に買った、ニコンレンズをくっつけるマウントアダプタに
新しいファームVer. 04が出ていたのに気付いたのでファームアップしてみました。

しかしWindows10にしたデスクトップPCではなぜかファームアップが始まらなくて、
もしかして壊れたんじゃ無いかと2時間くらいカメラと格闘。
その後、Windows8.1のままにしておいたタブレットPCで何とかうまく出来ました。

Windows10では未だにいろいろなトラブルを聞くので、やっぱり古い環境を残しておいて正解。
今後も何があってもこの環境を残しておきたいです。
P9080002-1286.jpg

ファームアップ後に試し撮り。
説明ではAF精度が上がった、露出が改善したととなっていますが、
ぶっちゃけ何も変わって無い気がします(苦笑)
まぁ、ファームアップが頻繁にあるのはいい感じなので次に期待したいです。

検索フォーム
プロフィール

Author:wi62
抱き枕カバーのセーレンと
メガネの聖地の近くに在住
ついったー wi62_2
Tumblr ここはまだえっちい世界

使用機材の詳細はこちらにあります。

うちはリンクフリーです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のフィギュアレビュー
コトブキヤ ティアーズ・トゥ・ティアラ ~花冠の大地~ オクタヴィア
アルター ドルアーガの塔 -the Aegis of URUK- ファティナ
グッドスマイルカンパニー セイバー・リリィ ~全て遠き理想郷(アヴァロン)~
ボークス クイーンズゲイト 恩を返すもの いろは
コトブキヤ ストライクウィッチーズ サーニャ・V・リトヴャク
コトブキヤ とある魔術の禁書目録 御坂美琴
ボークス フェイト・T・ハラオウン バリアジャケット 真・ソニックフォーム
ソリッドシアター 4-Heartsシリーズ #02 はぴねす 渡良瀬準
コトブキヤ 狼と香辛料 ホロ
FREEing かんなぎ ざんげちゃん
グッドスマイルカンパニー 宇宙をかける少女 獅子堂秋葉
アルター 魔法少女リリカルなのはStrikerS スバル・ナカジマ
最近の抱き枕レビュー
フィギュア系リンク
(個人的)ドール系リンク
抱き枕・寝具系リンク
ニュース系リンク
抹茶味chips
機能の黒板みたび

(敬称略・掲載順)
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  1. 無料アクセス解析